スターサーバーの7つのメリットと2つのデメリットを徹底解説!

こんにちは、スイッチです。
スターサーバーは、クラウド型の高速サーバーで格安のレンタルサーバーとしても人気です。
もともとはネットオウルが運営していた「ミニバード」「ファイヤバード」「クローバー」などのサービスを統合し、「スターサーバー」として新しくリニューアルしました。

サーバーのスペックも大幅にアップして、かなり使いやすくなりましたね。

ということで、今回はスターサーバーのメリットとデメリットについて、徹底解説します!

スターサーバーの7つのメリット

【メリット(1)】月額料金が安い

スターサーバーの一番の魅力はやっぱり「安い」ところですね。
Wordpressが使えるライトプランは、月額200円〜利用できます。
人気のエックスサーバーは月額1,000円くらいなので、それと比べてもかなり安いです。

レンタルサーバー 初期費用 月額費用 容量 マルチドメイン MySQL 転送量
スターサーバー
(ライト)
1,500円 200円〜 50GB 50個 1個 80GB/日
スターサーバー
(スタンダード)
1,500円 400円〜 100GB 無制限 20個 120GB/日
スターサーバー
(プレミアム)
5,000円 1,000円〜 150GB 無制限 50個 170GB/日
スターサーバー
(ビジネス)
5,000円 3,000円〜 200GB 無制限 100個 200GB/日

▲スターサーバーの料金プラン

ただ、ライトプランの場合、MySQLは1個なので、Wordpressは1個しか作れませんが、1つのブログを運用していきたい方にはぴったりでしょう。
もし複数のサイトを作りたい場合は、上位のスタンダードプランがおすすめです。
MySQLが20個なので、Wordpressサイトを20個まで作成できます。スタンダードプランでも、月額400円だからかなり格安ですね。

同じ格安サーバーとしてロリポップがありますが、スペック的にはスターサーバーの方が上です。表示速度も他の格安サーバーと比べて、国内トップクラスでしょう。

月額500円以内でWordPress利用可!安いレンタルサーバーのおすすめプランを徹底比較

【メリット(2)】安定性が高い

スターサーバーは、格安サーバーとしては、かなり安定性が高いですね。
もともと運営しているネットオウルは、安定性のあるサーバーとして定評のある会社です。

スターサーバーが安定している理由の1つがクラウドであるということ。
一般的なレンタルサーバーの場合は、複数のユーザーでCPUやメモリを共有しているため、その中に高いサーバー負荷をかけるユーザーがいれば、影響を受けて不安定になってしまいます。
スターサーバーの場合は、クラウドのようにCPUやメモリが仮想化されていて、ユーザーそれぞれに割り当てられているため、他のユーザーの影響を受けにくいのです。

ネットの評判も上々ですね。

【メリット(3)】表示速度が速い

スターサーバーは、もともと高速サーバーとして定評がありましたが、2020年2月にPHP高速化設定(PHP-FPM)」に対応し、さらに速くなりました。
スターサーバーのPHP高速化設定(PHP-FPM)は、WordPressの処理速度がキャッシュなしで最大8倍にもなります。

スターサーバーのホームページより引用

ちなみにPHP-FPMは、PHPのFastCGI実装の1つで、主に負荷の高いサイトで効率的な処理を行う機能です。アクセスが集中している時でも、安定したスピードが出せるので、ストレスを感じることがありません。

さらに、Webサーバーは「nginx」、通信プロトコルも「HTTP/2」に対応し、スペック的にも高水準。
nginxは、従来のApacheに比べ、大量の同時アクセスにも強く、安定かつスピーディーに処理してくれます。
他にもスターサーバーが速いポイントがあるので、こちらにまとめておきます。

「有料」のホームページ作成ツールを利用する5つのメリット!

  1. WordPressで最大8倍の高速化「PHP高速化設定(PHP-FPM)」対応
  2. 高性能CPU・大容量メモリ・オールSSD採用の最新サーバーマシンを搭載
  3. 大量の同時アクセス処理に最適化したWebサーバー「nginx(エンジンエックス)」を採用
  4. オール「SSD」
  5. PHP5に比べ従来の2倍以上のパフォーマンスが向上した「PHP7」
  6. SSL化されたWebサイトの表示速度を高速化する「HTTP/2」対応

WordPressが速いNo.1サーバーは?おすすめの高速レンタルサーバーを徹底比較!

【メリット(4)】すぐにプラン変更ができる

スターサーバーは、すぐにプランを変更することができます。
アクセスが急増したときにも、プラン変更により転送量をすぐに増やすことができるので、ページが遅くなったりサーバーが落ちるなんてこともありません。

他のレンタルサーバーの場合、変更しようと思っても、すぐには変更できません。
例えば、エックスサーバーの場合は、プラン変更希望月の前月1日~20日までに申し込みが必要で、変更されるのは翌月の1日からになります。

ただ、スターサーバーは、下位へのプラン変更は対応していないので、プラン変更は慎重に行いましょう。
ちなみに料金については、月の途中でお申し込みいただいた場合、翌月の1日を起算日として料金が発生します。

【メリット(5)】管理画面が使いやすい

スターサーバーは、他のレンタルサーバーと比べても管理画面が使いやすいですね。
WordPressの自動インストール機能がついているので、初心者でも簡単にWordpressのサイトを作成できます。

▲スターサーバーの管理画面

WordPressのインストールについては、後で解説します。

シンプルですっきりしたインターフェースが個人的に好みですね。

【メリット(6)】ユーザー同士で問題を解決できるQ&A掲示板

スターサーバーには、ネットオウルQ&A掲示板があります。
ユーザー同士で問題を解決できるので、初心者の方はわからないことがあれば質問してみましょう。

ユーザー同士の過去のやりとりも見ることがチェックできますよ。

ネットオウルQ&A掲示板はこちら

【メリット(7)】ネットオウルポイントをサーバーの支払いに使える

ネットオウルポイントとは、ネットオウルの各種サービスを利用することで得られるポイントのこと。
例えばドメインを取得したり、Q&A掲示板を利用したりすることでポイントを貯めることができます。
質問への回答がベストアンサーに選ばれると、30ポイントもらえます。
ポイントは1ポイント1円として、スターサーバーの利用料金としても使えます。

サーバー利用料金なら最大25%までポイントで支払うことができるので、とてもお得ですね。

スターサーバーの2つのデメリット

【デメリット(1)】自動バックアップがない

スターサーバーには、自動バックアップ機能がありません。
ちなみにエックスサーバーでは、14日間のデータをバックアップしてくれます。
mixhostの場合は、復旧も無料で、管理画面から簡単にリストア作業ができるので便利ですね。

ですので、スターサーバーの場合は、手動でデータベースやファイルをバックアップする必要があります。

ついついバックアップの作業は忘れがちなので、自動バックアップ機能がないのはちょっと不安ですね。

特に初心者の方は、バックアップや復旧作業はなかなか大変なので、不安な方は自動バックアップ機能がついているサーバーをおすすめします。

【デメリット(2)】電話サポートがない

スターサーバーには、電話サポートがありません。
メールのレスポンスも遅いとサポートについては、あまり評判が良くないですね。
何かのサーバートラブルで、緊急的に対応してもらいたい時に困ります。

ちなみにロリポップの場合は、電話サポートチャットサポートがついているので、リアルタイムで対応してもらえます。
初心者の方の場合は、こうしたしっかりしたサポートがついてると安心ですね。

スターサーバーを利用する場合は、Q&A掲示板があるので、そちらに質問をして解決しましょう。

スターサーバーはこんな方におすすめ

スターサーバーはこんな方におすすめ

  • 高性能のレンタルサーバーが良いけど、できるだけコストは抑えたい方
  • どちらかというと、サーバーに慣れている中上級者の個人の方

スターサーバーは、安さでは国内でトップクラスの格安レンタルサーバーです。
それなのに、安定性が高く、表示速度も速い、とかなり優れものです。
ですので、高性能のレンタルサーバーが良いけど、できるだけコストは抑えたい方におすすめのサーバーですね。

ライトプランであれば月額200円で使えるので、1つのブログをじっくり運営したいブロガーさんにぴったりでしょう。

ただ、自動バックアップがなく、サポートも不十分なので、初心者には難しいかもしれません。
また、ビジネス用途で利用する法人の方の場合も、電話サポートがないのはマイナスポイント。
何かしらのトラブルがあった時など、緊急性が高い時にリアルタイムに対応してもらえないのは不安ですね。
どちらかと言おうと、サーバーに慣れている中上級者の個人の方におすすめです。

スターサーバーの管理画面の使い方は?

ここからは、スターサーバーの管理画面の使い方について解説していきます。
まずは、管理画面にアクセスして、ログイン情報を入力後、「ログイン」ボタンをクリックします。

ログイン後、契約しているサービスの「サーバー管理ツール」をクリック。

サーバー管理ツールが開いたら、OKです。こちらから各種サービスを利用してください。

独自ドメインの設定方法は?

ここからは、独自ドメインの設定方法を解説します。
他社でドメインを取得している場合は、あらかじめネームサーバーの設定を変更しておいてください。
スターサーバーのネームサーバーは下記になります。

ネームサーバー1 ns1.star-domain.jp
ネームサーバー2 ns2.star-domain.jp
ネームサーバー3 ns3.star-domain.jp

▲ムームードメインの場合

サーバー管理ツールを開いたら、左メニューの「ドメイン設定」をクリック。

次に「ドメイン追加」タブをクリック。

スタードメインでドメインを取得した場合は「スタードメイン管理のドメインを追加する」をクリック。
他社でドメインを取得した場合は「他社管理のドメインを追加する」をクリック。

ドメイン名に、取得している「ドメイン」を入力。
認証方法は、「Whois認証」にチェックし、「確認画面」をクリック。

ドメイン名を確認し、問題がなければ「確定する」をクリック。

これで、独自ドメインの設定は完了です。

WordPressのインストール方法は?

次にWordPressのインストール方法を解説していきます。
まずは左メニューの「簡単インストール」をクリック。

次に対象のドメインの「選択」をクリック。

次に「追加インストール」タブをクリック。

次にWordpressの「インストール設定」をクリック。

次にWordpressに必要な情報を入力して、「確認画面」をクリック。

内容を確認し、問題がなければ「確認する」をクリック。

これでWordpressのインストールは完了です。

WordPressサイト

スターサーバーの申し込み方法は?

最後にスターサーバーの申し込み方法を解説します。
まずは、スターサーバーのホームページへアクセスします。
次に「お申し込み」のボタンをクリック。

スターサーバーに申し込むためには、まずネットオウルの会員になる必要があります。
「新規会員登録」ボタンをクリックします。

次に登録する「メールアドレス」を入力し、送信します。

メールに届いた認証IDを入力し、「登録フォームへ移動」をクリック。

登録者情報を入力し、「確認画面へ」をクリック。

内容を確認し、問題がなければ、「SMS認証・電話認証をする」をクリック。

次にSMS認証を行います。
電話番号を入力し、「認証コードを受信する」をクリック。

これで、会員登録は完了です。
次に決済情報を登録していきます。
決済情報の登録から「登録する」をクリック。

基本情報を入力し、「確認画面へ」をクリック。

入力内容を確認し、問題がなければ「この内容で登録する」をクリック。

これで、決済情報の登録は完了です。
次にレンタルサーバーの申し込みを行います。
スターサーバーの「申し込む」ボタンをクリック。

ご希望のプランを選んで「申し込む」をクリック。

サーバーIDを決めて、「確認画面へ」をクリック。

お申し込み内容を確認し、問題がなければ「この内容で申し込む」をクリック。

これで申し込みが完了です。
ここから2週間のお試し期間を利用して、よければ本契約を行ってください。

まとめ

スターサーバーの7つのメリット

  1. 月額料金が安い
  2. 安定性が高い
  3. 表示速度が速い
  4. すぐにプラン変更ができる
  5. 管理画面が使いやすい
  6. ユーザー同士で問題を解決できるQ&A掲示板
  7. ネットオウルポイントが使える
スターサーバーの2つのデメリット

  1. 自動バックアップがない
  2. 電話サポートがない

スターサーバーは、他のレンタルサーバーと比べてトップクラスの安さです。
格安サーバーといえば、ロリポップが人気ですが、安定性や表示速度で言えば、スターサーバーの方が上でしょう。

シンプルですっきりした管理画面は、個人的にも好みですね。

ただ、サポート面の評判があまり良くありません。
不安な方は、サポート面がしっかりしているエックスサーバーロリポップがおすすめです。
スターサーバーには、「2週間無料お試し」があるので、気になる方はまずはこちらで試してみましょう。