レンタルサーバーとは?初心者のための基礎知識からWordPressの設置まで徹底解説!

レンタルサーバーとは?

こんにちは、スイッチです。
ブログを始める時に、まず用意しないといけないのがサーバー。
そのサーバーを貸し出してくれるサービスがいわゆるレンタルサーバーです。
サーバーを自分で構築することもできますが、高度な知識が必要ですし、お金も時間もかかります。
ですので、多くの方は、レンタルサーバーを利用して、ブログやサイトを作成するんですね。

では、なぜそんなサーバーを用意しないといけないのかというと、サーバーがないとデータを保存できないからです。
サーバーがブログの記事や画像などのデータを保存してくれるのです。
また、サーバーはデータを保存するだけではありません。
ユーザーがあなたのブログにアクセスした時に、そのリクエストに応じて保存してあるデータを渡す(レスポンス)役割もあるのです。

サーバーはブログを始めるには、なくてはならない存在なんですね。

レンタルサーバーの種類は?

レンタルサーバーの種類には、「共用サーバー」「専用サーバー」「VPS」「クラウドサーバー」があります。
私たちのように、一般的なブログやサイトを運営する人の場合は「共用サーバー」で十分です。

共用サーバーは、1台のサーバーを複数のユーザーで共有して使用するサーバーのこと。
サーバーの運営費を複数のユーザーで負担するので、安価で利用できるのもメリット。
また、サーバーの設定や運用は全てレンタルサーバー業者が行ってくれるので、とても便利です。

もっとサーバーを自由にカスタマイズしたくなってくると、専用サーバーやVPS、クラウドを利用する人もいます。
ただ、高度な専門知識が必要なので、上級者向けといった感じですね。

無料のブログじゃダメなの?

実際のところ、ブログを始める時に無料ブログを利用する人はすごく多いです。
はてなブログやアメブロなどの無料ブログサービスの場合は、最初からサーバーもくっついているのでレンタルサーバーなんて意識することもありません。
ですので、初心者の場合はブログを始めるハードルも低く、このような無料ブログを利用する方が多いとも言えます。
もちろん、無料というのが最も大きな理由だと思います。

それじゃあ、「みんな無料のブログを使えば良いじゃん」と思うかもしれませんがそういうわけにもいきません。
無料ブログには、いろんなデメリットがあるのです。

無料ブログのデメリットとは?

規約に違反するとアカウントの停止などのペナルティが発動する

無料のブログサービスには、多くの規約やガイドラインが存在します。
もし、これらの規約やガイドラインを違反した場合は、記事の公開停止やアカウントの停止などのペナルティが発動します。

例えば、はてなブログの場合は、アフィリエイトなどの個人の商用利用ができるようになりました。
ただし、その代わり「個人営利利用」の場合の規約が厳しくなったのです。
著作権侵害やステマ、スパム行為などが発覚すればアウト。アカウントの停止などのペナルティが発動してしまうのです。
ステマなんかは、基準が曖昧だし、いつNGになってもおかしくありません。

せっかく書いたブログがこんなことで一瞬でなくなるなんてたまりませんよね。

突然サービスが終了するリスクがある

また、無料ブログの場合、突然サービスが終了するリスクがあります。
最近では、2019年12月15日にYahoo!ブログが終了しました。
2007年には、ブログ開設数が100万を超えた大手サービス。
こんな大手のサービスでさえ、終了してしまう場合があるのです。

Yahoo!ブログ終了のお知らせ

デザインの自由度が低い

それと、もう一つ重要なのがデザインの自由度です。
無料ブログの場合、どうしてもデザインの自由度が低くなってしまいます。

あらかじめ、デザインのテンプレートは豊富に用意されているのですが、細かい部分のカスタマイズができません。
長くブログを運営していれば、「あーしたい、こーしたい」という要望が出てきます。
例えば、広告の配置だったり、記事の見せ方だったり。

本格的にブログの収益を目指そうと思えば思うほど、無料ブログのデザイン自由度ではもの足りなくってしまいます。

デザインが綺麗でも、細かいカスタマイズができないのは痛いですね。

特に収益化なども考えずに、日記的な使い方であれば無料ブログで十分だと思います。
ただ、本格的にブログで収益化を目指すのであれば、レンタルサーバーを借りて運営する方が何にも縛られずに息の長い運営ができると思います

実際に、最初は無料ブログで始めたものの途中からレンタルサーバーを借りて引っ越すケースも少なくありません。
途中から引っ越すのも、なかなか大変な作業になりますので、できれば最初からレンタルサーバーで運営した方が良いでしょう。

どうやってレンタルサーバーを借りるの?

では、実際にどうやってレンタルサーバーを借りるのかというと、まずはレンタルサーバー会社を選ばなくてはなりません。
ひとくちレンタルサーバー会社と言っても、大手から小さい会社まで合わせれば100以上にもなります。
その中から、初心者が選ぶのはなかなか難しいものです。

人気のレンタルサーバー会社といえば、エックスサーバーロリポップなどがあります。

もちろん人気で選ぶのも良いですが、後からちょっと違ったなということもあります。
例えば、エックスサーバーが人気だからと言って選んでしまった場合、ブログをひとつだけ運営する人にとっては月額料金が割高かもしれません。
もしかしたら、ロリポップのライトプランの方が割安で初心者にとっては、割安で使い安いのかもしれません。
このように、ブログの運営スタイルによって、レンタルサーバーの選び方が変わってくるのです。

どうやってレンタルサーバーを選んだらいいの?

それでは、実際にどうやってレンタルサーバーを選んだらいいのでしょう。
いくつかレンタルサーバーを選ぶポイントがあります。

レンタルサーバーを選ぶポイント

  1. 価格はどれくらいか?
  2. 容量はどれくらいか?
  3. WordPressが使えるか?設置できる数はいくつか?
  4. スピードはどれくらいか?
  5. 管理画面は使いやすいか?
  6. サーバーは安定しているか?
  7. サポートは充実しているか?

ただ、初めてレンタルサーバーを借りる初心者の方がこれらを見せられても、何がなんだか分からないと思います。
では、まずはあなたのブログやサイトの運営スタイルや目的を明確にしましょう。

レンタルサーバーの選び方の例

例を2つほど挙げてみます。

(例1)Aさんの場合

用途:趣味のブログ
サイトの個数:1個
更新頻度:週に1回
月額予算:500円以下
要望:趣味のブログで、あわよくばお小遣い程度稼げれば良い。インターネットの事とかあまり詳しくないからサポートがしっかりしているところが良い。

こういう方の場合は、レンタルサーバーにそんなにスペックの高さを求めていませんね。
どちらかというと、費用や使い安さなどを重視されていると思います。
ブログなので、更新がやりやすいWordpressは使えた方が良いですね。でもそんなに個数は必要ないといった感じです。
そうなると、選ぶポイントの①価格 ③Wordpress ⑥使いやすさ ⑧サポートあたりを重視して選ぶ必要があります。

それで、実際にこれらのポイントを押さえて、選んでみました。
この方にぴったりのレンタルサーバーは「ロリポップのライトプラン or スタンダードプラン
ロリポップは初心者にとって、とても管理画面が使いやすく、サポートがしっかりしています。
ブログが1個であればライトプランでも良いのですが、余裕を持ってスタンダードプランでも良いでしょう。
それとスタンダードプランには電話サポートもついているので、不安な方はより安心して運営することができます。

(例2)Bさんの場合

用途:ジャンル特化ブログ
サイトの個数:複数(5個ほど)
更新頻度:毎日
月額予算:1000円〜1500円
要望:月間数万PVアクセスがあるそのジャンルではある程度著名なブログを目指したい。もちろん収益化も実現したい。以前使ってた無料ブログは表示が遅かったり、度々落ちて見てないことがあったので、安定しているサーバーが良い。

こういう方の場合は、本格的にブログによる収益化を目指しているので、ある程度のサーバースペックが必要です。
そうなると、選ぶポイントは①価格 ③Wordpress ④スピード ⑥安定性になるかと思います。

この方にぴったりのレンタルサーバーは「エックスサーバーのX10 or Conoha Wingのベーシック
費用的にはどちらも月額1000円くらいなので、同じくらい。
安定性でいえばエックスサーバー、スピードでいえばConoha Wingといった感じ。

どちらも人気のレンタルサーバーなので、甲乙つけがたいですね。

このようにブログの運営スタイルや目的によって、レンタルサーバーを選ぶポイントも変わってきます。自分が選ぶポイントが明確になったら、そちらをもとにぴったりのレンタルサーバーを選びましょう。

下記のページにて、Wordpressが使えるレンタルサーバーを費用やスペックなど一覧表でまとめています。各レンタルサーバーの特徴なども解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

レンタルサーバーの申し込み方法は?

では、実際にレンタルサーバーに申し込んでみましょう。
今回は、エックスサーバーに申し込んでみます。
ホームページにある「まずはお試し10日間無料!」ボタンをクリックします。

次にお申し込みフォームページの「10日間無料お試し 新規お申し込み」をクリック。
次にお申し込みフォームのお客様情報を入力し、「お申し込み内容の確認へ進む」をクリック。

入力内容を確認し、よければ「この内容で申し込みする」をクリック。これで申し込みは完了です。

申し込みが完了すると、メールで「サーバーのアカウント」情報が送られてきます。
そちらに記載されている『サーバーパネル』ログイン情報にてログインしてみます。
ログインすると、エックスサーバーの管理画面(サーバーパネル)が表示されます。

▲エックスサーバー サーバーパネル

独自ドメインを設定してみましょう。

「独自ドメイン」と言う言葉をよく耳にすると思いますが、そもそもドメインとは何でしょうか?
ドメインとは、簡単に言うとインターネット上の住所のようなものです。
ドメイン(住所)にサーバー(家)があることではじめて、ユーザーはあなたのブログを見つけることができるのです。

独自ドメインって何?

ドメインには「共有ドメイン」と「独自ドメイン」があります。
共有ドメインとは、サービス運営会社が所有しているドメインを複数のユーザーで共有するドメインのこと。
エックスサーバーを借りた場合、「○○○.xsrv.jp」というドメインを提供していただけます。
もちろん、こちらの共有ドメインを利用することはできますが、デメリットもあります。

例えば、エックスサーバーからConoha Wingに引っ越したい場合に、こちらの共有ドメインを持っていくことができません。
せっかく育てたドメインがサーバーを引っ越したことによって、URLが変わってしまうのはユーザーにとっても不便なことです。
また、サーバーのサービスが終了してしまえば、こちらの共有ドメインは使えなくなります。
また、SEO的にもサービス自体の評価が低くなってしまうと、共倒れするリスクもあります。

その点、独自ドメインの場合は、自分だけのものになります。
「○○○.com」の○○○の部分は、自分で自由に決めることができます。
でにそのドメイン名が使用されていたら取得できません。
「.com」や「.jp」の部分は、その種類によって意味も変わり、値段も変わります。
サーバーを引っ越したとしても、URLが変わることはありません。

いろんなデメリットを考えると、最初から独自ドメインを利用していた方が良いでしょう。

独自ドメインの取得

それでは、実際に独自ドメインを取得してみましょう。
今回は、エックスサーバーが提供しているエックスドメインにて申し込んでみます。

まずは、『Xserverアカウント』の管理画面にログインします。
メールに記載してあるXserverアカウントIDとパスワードを入力してログイン。
ログインするとXserverアカウントの管理画面が表示されるので、「サービスお申し込み」をクリック。

サービスの一覧画面が表示されるので、エックスドメインの「新規申し込み」をクリックします。

サービスの利用規約をよく読み「同意する」クリック。

ドメインの新規取得画面が表示されるので、ご希望のドメインを入力して「ドメイン名チェック」をクリック。
すでにそのドメイン名が使用されていたら取得できません。

取得できる場合は、検索結果の欄に「○取得可能です。」と表示されます。
ネームサーバー初期設定は「『エックスサーバー』を設定する (標準) 」にチェックします。
最後に「お申し込み内容の確認・料金のお支払い」をクリック。

次に決済方法を選択します。
クレジットカード払いの場合は、「クレジットカード決済画面へ進む」をクリック。

カード情報を入力し、「カードでのお支払い(確認)」をクリック。
確認画面が表示されるので、内容に問題がなければ「カードでのお支払い(確定)」をクリック。
これで独自ドメインのお申し込みが完了です。

今回のように、同サービス内でドメインを取得すると、設定が簡単になります。
エックスドメインの場合は、ドメインの取得する時に、ネームサーバーも「エックスサーバー」で利用する設定にしてくれます。

サービスによっては、ドメイン自体が無料になったりのでとてもお得です。

ネームサーバーとは?
インターネットに接続されているサーバーは、IPアドレスと呼ばれる数字が割り当てられています。
ネームサーバーは、インターネット上でそのIPアドレスとドメインを結びつけるための名前解決をするサーバーのこと。

独自ドメインをサーバーに設定しましょう

それでは、実際に独自ドメインをサーバーに設定していきましょう。
まずは、サーバーパネルへログインします。
ダッシュボードが表示されたら、「ドメイン設定」をクリック。

「ドメイン設定追加」タブをクリック。

ドメイン名のところに、先ほど取得したドメインを入力し「確認画面へ進む」をクリック。

内容を確認し、問題がなければ、「追加する」をクリック。これで独自ドメインの設定は完了です。

サーバーに設定が反映されるまで数時間~24時間程度かかる場合があります。

WordPressを設置してみましょう。

独自ドメインをサーバーに設定できたら、Wordpressを設置してみましょう。
ゴールが見えてきました。もう少しです。

まず管理画面の「Wordperss簡単インストール」ボタンをクリックします。

ドメイン名が表示されるので、横の「選択する」をクリック。

「Wordpressインストール」のタブをクリック。
次に、Wordpressで構築するブログについての情報を入力していきます。
「ブログ名」「ユーザー名」「パスワード」などは、自分で決めたものを入力。
キャッシュ自動削除は「ONにする」、データベースは「自動でデータベースを生成する」でOKです。
入力が完了したら「確認画面へ進む」をクリックします。

確認画面の内容で、問題がなければ「インストールする」をクリック。

これで、Wordpressの設置が完了です。
Wordpressの管理画面の情報が表示されますので、アクセスしてみます。

ログインIDとパスワードを入力し、ログインしてみると、ダッシュボードが表示されます。

▲Wordpress管理画面 ダッシュボード

こちらの画面が表示されれば、Wordpressが正常に設置されています。
あとは記事を書いていくだけ。やってみるととても簡単ですよね。

▲Wordpress ブログ表示画面

WordPressのテーマを変えると、デザインも良くなり見やすくなりますよ。

ちなみに私は、ストークというテーマを使っています。有料ですがデザインのカスタマイズ性も高くて、ブログに特化しているので、とても使いやすいです。

まとめ

レンタルサーバーをはじめて借りる人にとっては、ハードルが高く感じますがやってみるととても簡単です。
無料ブログは趣味程度で始める人には良いですが、本格的に収益化を目指す方にはとってはデメリットが多い。
できれば何の制限も受けないレンタルサーバーの方がおすすめです。

参考リンク

今回の記事では、レンタルサーバーの選び方も紹介しました。
選び方のポイントがわかったら、実際に様々なレンタルサーバーのホームページを見て比較してみましょう。
Wordpressを使いたい方は、下記のページでおすすめのレンタルサーバーを価格やスペック等で比較していますので、ぜひ参考にしてみてください。
どちらのレンタルサーバーも無料お試し期間を用意していますので、まずはそちらで試してみてはいかがでしょうか。