WordPressブログがはじめての人のレンタルサーバーの選び方

自由度の高いデザインや機能をカスタマイズできるため、人気なのがWordPressのブログ。
WordPressをはじめるには、レンタルサーバーが必要です。でも、

  • 『選び方が分からない』
  • 『初心者向けのおすすめだけ教えてほしい』

と思ったことはありませんか?

この記事では、WordPressブログの運営にチャレンジしたい人へ向けて、レンタルサーバーの選び方おすすめサーバーを紹介します。

WordPressブログがはじめての人のレンタルサーバーの選び方

WordPressブログは無料ブログと違い、レンタルサーバーを自分で契約しなければなりません。
初心者の場合、サーバーを借りるとき次の4つのポイントを意識してください。

サーバーを借りるときの4つのポイント

  1. WordPressかんたんインストール機能
  2. 契約期間の自由度
  3. 月額料金
  4. サーバーの速度

この4つを意識して選ぶだけで、WordPressブログが始めやすく、また続けやすくなります。

WordPressかんたんインストール機能で選ぼう

初心者は、必ずWordPressかんたんインストール機能があるレンタルサーバーを選んでください。
なぜなら、WordPressはサーバーにもともとインストールされているわけでなく、それを使いたい人が自ら設置しなければならないからです。

WordPressを設置するのは、サーバーのくわしい知識がない限りとても難易度が高い作業です。自力でインストールするには時間や手間もかかります。

一方、サーバー会社が用意するインストール機能を使えば、だれでも数クリックの作業で、しかも数分でWordPressが設置できます。
ですから、WordPressかんたんインストール機能が付いたサーバーを借りましょう。

サーバー契約期間の自由度で選ぼう

契約期間の自由度が高いレンタルサーバーを選びましょう。
「WordPressでブログをはじめたい!」と意気込だんものの、どうしても続かないあるいは続けられない状況になることがあるからです。
そんな時に、長期契約しか選べないとしたら無駄に大きな出費がかかるかもしれません。

また、ブログをはじめるにあたり、サーバーを借りる以外にも、独自ドメインを取得したり有料のthemeテンプレートを購入したりと、お金がかかってしまうものです。

契約期間が自分の都合に合わせやすいレンタルサーバーなら、最初の負担を減らすこともできるでしょう。

ですから、はじめてのWordPressブログでは契約期間の自由度が高いレンタルサーバーを選びましょう。

月額のレンタル料金で選ぼう

レンタルサーバーの月額料金で選びましょう。
月額料金は、初期費用や解約費用とは異なり、毎月かかる出費です。高額な料金を払い続けるとどうしても負担が大きくなります。
特にブログをはじめた当初は、アクセスや収益が十分にあるわけではありません。そんな時に毎月高額なサーバー代を支払うと、気持ちの負担が大きくなってブログが楽しくなくなるかもしれません。

ブログが嫌いにならないためにも、負担に感じない月額料金が設定されたレンタルサーバーを選んでください。

月額料金が安いレンタルサーバーは、下記のページにて紹介してますので、参考にどうぞ。

月額500円以内でWordPress利用可!安いレンタルサーバーのおすすめプランを徹底比較

速いサーバーを選ぼう

速いレンタルサーバーを選びましょう。
WordPressの管理画面の動作やブログの表示が速いか遅いかは、サーバーの性能に大きく依存しているからです。
WordPressの管理画面が遅いと作業効率がさがり、ブログ記事を仕上げるのにかかる時間が長くなります。ブログの表示が遅いと、ブログ訪問者が「遅くて読みづらい」と感じ記事を読んでくれなくなります。当然アクセスは減ってしまいますし、収益化もむずかしくなるでしょう。

やがてはブログの収益化を考えている人、快適にブログ記事を書きたい人は、速いレンタルサーバーを選んでみましょう。

下記ページにて、Wordpressが使える高速のレンタルサーバーを紹介してますので、参考にどうぞ。

WordPressが速いNo.1サーバーは?おすすめの高速レンタルサーバーを徹底比較!

WordPressをはじめやすいレンタルサーバーおすすめ3選

サーバー会社は非常に数が多く、選ぶのは大変です。
そこで、先ほど説明した4つのポイントをふまえ、おすすめのレンタルサーバーを3つ厳選しました。

ConoHa WING(コノハウィング)

1つ目のおすすめは、老舗サーバー会社の1つ、GMOインターネット株式会社が提供する「ConoHa WING(コノハウィング)」です。
コノハウィングをおすすめする理由は、3つです。

ConoHa WINGのおすすめポイント

  1. アプリケーションインストール
  2. 月額料金はやや高いが初期費用と解約費用が不要
  3. 圧倒的な速さで国内No.1

アプリケーションインストール

ConoHa WINGが提供する「アプリケーションインストール」で、WordPressを簡単にインストールできます。

サーバーを契約し、独自ドメインを登録すると、その後サイト管理画面が表示されます。画面右側の赤枠に示した[+アプリケーション]をクリックし、必要事項を記入すればWordPressインストールが完了します。

月額料金はやや高いが初期費用と解約費用が不要

ConoHa WINGで最も安いベーシックプランの料金は、1時間当たり2円です。月額最大1200円が発生します。
1200円という最大月額料金は、この後紹介する他社サーバーよりやや高いのですが、その代わり初期費用・解約が発生しません。

「使った分だけ支払う」という契約期間にしばられない料金設定は、自由度が高いと言えます。

コノハウィングは、2019年のGMO自社調べで国内No.1の速度を実現しました。
圧倒的な速さを生み出すために、サーバーにSSDを使用し、さらにnginxという高速webサーバーを採用しています。
下記ページにて、ConoHa WINGの高速化について検証してますので、参考にどうぞ。

国内最速を誇るConoha Wingが本当に速いのか?比較検証してみました!

Xserver(エックスサーバー)

2つ目のおすすめに、2019年12月13日時点で国内シェアNo.1を誇る「Xserver(エックスサーバー)」を紹介します。
エックスサーバーをおすすめする理由は、この3つです。

エックスサーバーのおすすめポイント

  1. CMS簡単インストール
  2. 契約期間に応じて安くなる月額料金
  3. オールSSD & nginx でハードもソフトも超高速使用

CMS簡単インストール

エックスサーバーもコノハウィング同様に、WordPressをかんたんに設置できる「CMS簡単インストール」機能があります。
「CMS簡単インストール」を使えば初心者でもスムーズにWordPressを設置できます。

契約期間に応じて安くなる月額料金

エックスサーバーは、契約期間に応じて月額料金が安くなります。
これからWordPressブログを運営する人は、もっともリーズナブルな「x10プラン」がおすすめですが、以下のように料金が変動します。

3か月の契約なら「コノハウィング/ベーシックプラン」と同額ですが、36か月にすれば900円まで下がります。36ヵ月契約はあまりにも契約期間が長くおすすめしませんが、6ヵ月や12ヵ月でも少し安くなるので、希望した金額と期間のものを選んでみましょう。

オールSSD & nginx でハードもソフトも超高速使用

エックスサーバーも速さで高い評価を得ているサーバー会社です。
サーバーにSSDを使い、大量アクセス(いわゆるバズ)に強いnginxのwebサーバーを採用しています。ハードもソフトも超高速使用です。
また、エックスサーバーはただ速いだけでなく、稼働率99.99%以上の安定した運営実績を誇ります。サーバーが稼働しないとブログへのアクセスが断たれてしまうため、ブログを見れず収益チャンスを逃すことにもなるでしょう。

安定した超高速サーバーとして、安心してブログ運営が任せられる、それがエックスサーバーです。

エックスサーバーについて、下記ページにて詳しく解説してますので、参考にどうぞ。

エックスサーバーを選ぶ前に知っておきたい8つのメリットと2つのデメリットを徹底解説します!

LOLIPOP(ロリポップ)

3つ目のおすすめは、170万人に利用されサポート満足度94%を誇る「LOLIPOP(ロリポップ)」です。
ロリポップをおすすめする理由は、この3つです。

ロリポップのおすすめポイント

  1. 簡単インストール
  2. ライトプランなら月額250円でWodPressブログ
  3. ハイスピードプランは、アフィリエイトサイト向けの高速仕様

簡単インストール

ロリポップも、コノハウィング・エックスサーバー同様に「簡単インストール」機能が標準装備されています。ボタンをクリックするだけで簡単にWordPressを設置できます。

上の画像のとおり、もっとも安いエコノミープランではWordPressが設置できず、ライトプランから、WordPress及び「簡単インストール」が利用できます。

ライトプランなら月額250円でWodPressブログ

ロリポップは、コノハウィングやエックスサーバーと比べて安い料金プランが用意されています。
ライトプランなら月額250円(6ヵ月契約時)からはじめられるため、ブログをはじめる負担が軽くなります。ブログ執筆が継続できアクセスが安定しだしたら月額500円(6ヵ月契約時)のスタンダードプラン、ついで月額1000円(6ヵ月契約時)のハイスピードプランに変更しても良いでしょう。

ブログの初期投資額が低いほど、ブログを続けやすくなるので、ロリポップの料金は魅力的です。

ハイスピードプランは、アフィリエイトサイト向けの高速仕様

ロリポップのライトプラン、スタンダードプランは、HDD(ハードディスク)なのでサーバーの速度はやや遅め。ですが、ハイスピードプランを選べばコノハウィングやエックスサーバーと同じSSDを使ったサーバーが使用されています。
アフィリエイトサイトやブログの収益化を目指して、WordPressをはじめたいなら、高速仕様のハイスピードプランを選べるでしょう。
下記ページにて、ロリポップについて詳しく紹介してますので、参考にどうぞ。

ロリポップレンタルサーバーのメリットとデメリットを徹底解説します!

まとめ:はじめてのWordPressブログこそレンタルサーバーは慎重に選ぼう!

WordPressでブログをはじめたい人は、レンタルサーバー選びで失敗しないように慎重になりましょう。
「安ければいい」「高ければ大丈夫」と安易に決めてしまうのではなく、4つのポイントをきちんとチェックしながら選んでください。

レンタルサーバー選びで失敗しない4つのポイント

  1. WordPressかんたんインストール機能
  2. 契約期間の自由度
  3. 月額料金
  4. サーバーの速度

4つの選び方のポイントを見てもなお迷うなら、紹介した3つのレンタルサーバーから選んべば間違いありません。

おすすめ3つのレンタルサーバー

  1. ConoHa WING
  2. エックスサーバー
  3. ロリポップ

どれも先輩ブロガーたちから高い人気を誇るサーバー会社です。
自分にぴったりなレンタルサーバーを選んで、ぜひWordPressブログを楽しんでください。

参考リンク

下記ページにて、Wordpressにおすすめのレンタルサーバーの紹介してますので、参考にどうぞ。

WordPressにおすすめのレンタルサーバー徹底比較!2020年最新版